シャンプー選びの基準

普段、使用しているシャンプーによって髪のコンディションは左右されます。すでに髪や頭皮の状態で気になる異常が起こっているという人は、使用しているシャンプーを見直してみましょう。

まず、ノンシリコンシャンプーの使用がおすすめです。シリコンが入っているシャンプーには、髪の表面をコーティングして光沢感を出したり、髪のさわり心地をよくしたりする効果はありますが、髪の内側からダメージを補修したり、強くしたりする効果はありません。反対に頭皮が詰まって栄養が届かなくなり、髪が細く弱くなってしまうリスクがあります。一方、ノンシリコンは髪の表面をコーティングしないため、トリートメントなどの栄養成分が直接、髪に行き渡るようになります。

このほか、洗浄力の強過ぎるシャンプーはよくありません。成分表示にラウレスや硫酸という言葉が付いている成分が配合されているものは、とくに元々あまり皮脂がない人には洗浄力が過剰です。このようなシャンプーでは汚れや余分な皮脂だけでなく、頭皮のうるおいに必要な皮脂や、髪に必要な栄養まで落としてしまいます。洗浄力に関しては、ココイル、ベタイン、ココアンホといった言葉の付いている成分が配合された、いわゆるアミノ酸系の洗浄成分がほどよく、汚れや不要な皮脂だけを落とすことができます。

ノンシリコンでアミノ酸系洗浄成分が採用されていること以外では、髪の補修能力に優れているものが配合されているとなおよいです。ナノリペア―ELが補修能力に優れている素材のひとつですが、どのように補修するのか、配合されている商品をどうやって入手するのかもこのサイトで解説しています。